冷静に対処できる

黒板

ビジネス英語ではスムーズな対応が求められます。電話対応を任されるような人は英語に不安がある人ではないのが一般的ですが、英語が喋れても対応の良い悪いはあります。日本語でも感じが悪い人というのがいるように英語でもビジネスシーンであれば電話対応には注意しましょう。英語ができるからという理由だけでは電話対応係として適当な人物かというのを決められないということです。また、英語が得意でもネイティブ並みに英会話に強い人でないと電話対応は苦手という人は多いようです。電話対応は慣れも必要ですから、少しでもわからないことがあれば相手に伝えて要件を明確にすることがお互いの為です。誤解のあるままでないようにしておけばビジネス英語は完璧ではなくても問題ないことがほとんどです。

仕事での電話は日本語でも英語でも必要なことは同じです。要件をクリアにして相手を満足させるということはビジネス英語を使う際にどんなコミュニケーション手段でも大切なことです。相手の要件がわからない場合は相手が話終わったら何を必要としているのか改めて聞いて確認しても問題はありません。相手の希望をに添えなかった場合でもできるだけ自分のできることを提案してみて納得してもらうようにしましょう。最後に電話を切る際に他に私にできることはありますかと確認することもビジネス英語での電話対応では一般的です。慣れれば余裕も出てきますので慣れるまではわからないこともあるかもしれませんが、お手本になるような動画などを参考にして勉強するのも良いでしょう。