効果的な学習法

黒板

英語が苦手と感じている方は大勢いると思いますが、人間がコミュニケーションを取る為の言葉であるので身構える必要はありません。遠く離れた国や地域で使用されている国語になるので私たちが話している日本語と何も変わりがありません。英語に対して苦手意識を持つ原因は、文法の並びが日本語とは異なるからです。世界には数多くの言語が存在していますが、英語の文法を理解する事ができると他の言語を習得する際に応用する事ができるので非常に便利な言語です。言い換えると日本語の文法が独特の並び方になっていると言えます。しかし、言葉の中でも共通している箇所はあります。形容詞、名詞と言う並びは英語も日本語も変わらないので共通点を見出して1つずつ理解をすれば決して難しくはありません。

言葉を学習する際に非常に重要な要素になるのが、品詞を正しく理解すると言うことです。会話をする中で必ず含まなければならない情報は、主語と動詞、目的語になります。この3つを兼ね備えていれば最低限相手に伝えたいことを伝えることができます。しかし、これだけでは深い情報を伝えることができないので、お互いのことを理解し合うためにも文法知識を習得する必要があるのです。程度や頻度を表す副詞が入ることで会話の幅が飛躍的に向上するので、副詞は英語学習で非常に重要な要素になります。どの場所に入れるのかを理解する事ができれば、あとは単語が変わっても応用させることができるので文法を論理的に理解する事が英語を学習する上で重要なことになります。